日記8

 

ハローワーク来所日

 

 今日は訓練はおやすみで、ハローワークに活動の報告をしに行く日だった。ハローワークは住民票記載の住所で管轄が決まっており、俺の行くところはあまり立地がよくない(電車で数駅とさらにバスに乗った先の田園地帯にポツンとある)んだけど、職員のかたはみな親身になって対応してくれるしいいところである。

 当該ハローワーク、検索するとGoogleレビューにネガティブなクチコミが目立つけど、お前らは一度地方のハローワークで本当の絶望を味わえと思う。高齢者や障がい者のかたと混じって古い検索PCで必死に探しても手取り15万くらいの肉体労働しかないとか、わけのわからない職員に経歴で人格を否定されるとか、そういうことがないだけマシだろ。

 

 昨日も含めて事前にネットで求人を選定していたんだけど、俺自身がブラック人材なので受けられるのもブラックっぽいとこばかりなのは仕方ないとして、そうなるともう条件的にはどこも似たり寄ったり。一件一件メモを取りながら深掘りしていくうちにだんだん混乱してきてしまって、結局絞り切れなかった。

 本当はこれというのを最低でも3件は選んで印刷して持っていき、具体的な意見やアドバイスをもらうつもりだったから、その目標が達成できなかった=何をやっても駄目 というふうに考えてしまって、お昼ごろ完全にメンタルが終わっていきなり酒を煽ったりしてしまった。バカか? バカなんだろうな。

 

 現地に着いたのは15時ころだったけど、今回は前回のとてもよくしてくれたかたとは違う職員さんが出てきて、支援計画書のきろくに「インターネット求人検索」の一文を書いてハンコをもらったら、あとは「まだ2ヶ月めだしそんなに気合入れてかなくても大丈夫ですよ~」みたいなニヨニヨした感じで終わってしまった。

 「オメー舐めてんのか? 舐めてんだろおい! 死ぬか!?」くらいなるような気がしていたので拍子抜けだったけど、事態の深刻さは変わっていない。早いうちから積極的にやっていかないとまた地獄が始まるだけだし、いい求人を見つけたらもう来所日とは関係なく相談に行く。

 あと次回はなるべく午前中、開庁待ちで入るくらいでいく。そのほうが相談時間を長く取ってもらえるみたいだし、お昼もとうに過ぎてからフラフラやってくるようなのは態度としてふさわしくないもんな。

 

 

ゲーム制作のこと

 

 俺たちが何期で次が何期にあたるのかもわからないけど、訓練はもう次のクラスの募集が始まっていて、次回は期間が1ヶ月(実習85時間ぶん)延びており、パンフによるとクライアントやターゲットを考慮したゲームの企画、作業の見積もりとガントチャートの作成、チャートに沿った計画的なコーディングと制作、成果物のプレゼンなどが追加で学べるという。

 それを、俺たちにも教えてくれよ! マネジメント的な部分、チームでやっていくうえで一番大事なノウハウだよ。国の金で学ばせてもらっている身分で言えた立場じゃないけど……。独学・実践で身に着けるか、貯金して有料のスクールで学ぶしかないのかな。

 

f:id:RY0P:20180920205920j:plain

教科書のさわり

 

 このイラストは一定の事実で、確かにUnityやUE4はゲームづくりを民主化した。10年前と同じやり方だったら完成まで5000年くらいかかったと思うけど、既存のエンジン(しかも無料!)を使えば俺みたいなもんでも見た目ゲームっぽいものはそれほど苦もなく作れるようになった。

 

 ただ、素材の組み合わせ方と動かし方がわかったところで、「素材(ゲームを構成する部品)を自前で用意できない」という問題はオリジナルの作品を作っていくうえで相変わらず立ちはだかってくる。解決策は?

 

  1.  求めるクオリティのものが自分で用意できるまで練習する
  2.  人を雇う
  3.  インディーのミュージシャンやアーティストに善意で参加してもらう

 

 1は学習コストの面で5000年かかるルートに突入するので非現実的。2は就職すれば幾ばくかの制作費を計上できるようにはなるだろうけど、俺自身が雇われであるうちは人を拘束できるほどの金が用意できるわけがないので非現実的。

 いきなり会社を作って雇用主になる、クラウドファンディングで金を集める? 非現実的。銀行は俺に融資しないし、ネットユーザーは誰も俺に興味などない。

 となると現実的には3しかないことになるけど、信用と実績の問題はここでも立ちはだかってくる。30でなんも実績がないやつのプロジェクトに参加したい人なんてどこにもいない。誰も組みたがらない。おまえだれ状態。そして訪れる死。おわり

 

f:id:RY0P:20180920215929j:plain

誰もお前を愛さない

 

 ちなみに俺はこの問題に19歳のころから直面していたし、大学のゲーム制作サークルを大学ごと辞めて、↑のイラストの机の下でくたばる状態を7年くらいやったんだけど、現実問題、ないならないなりに実績を作っていくしかないし、人が一緒にやりたくなるような魅力的なプロジェクトを用意する以外にやりようなんてないんだよな。

 

 アセットの組み合わせでいいから画面上で動くものを作っては発表し、俺が現状何ができて、これから何がやりたいのかを具体的に提示していく。そこまで到達できればあとは仲間も集まってうまく転がっていくんじゃないか、なんて楽観的に考えてるけど。

 どのみち今のレベルじゃ夢みたいな話だ。やったことないから活動が仕事や生活と両立できるのかわからないし。30代は体力が終わるって聞くし。30になるのに社会人経験もない(訓練仲間に「だいぶチンピラだね」と言われた)し。がんばっていくしかないけど、がんばれるのかどうかはちょっと不安。わかんないとこ。

 

 カマだから書けば書くほどナヨナヨしだすし今日は長く書きすぎた。今日の日記はここまで。明日はもっとパリッと男らしい日記を書く。24時まで復習して就寝。

 

つづく

 

日記7

 

今日の訓練で習ったこと

 

 Physicsとアニメーション

  • Mecanimを使ったアニメーションの方法
  • シーンの遷移方法

 

 このブログと同じことをしていた。ねこオブジェクトがちょこまか歩くスプライトアニメーションはシューティングで自機を左右に傾けるときも同じ処理をしないといけないけど、自前で素材が用意できないのでさあどうするかといったところ。

 今日の授業ではやらなかったけど、ねこがジャンプ中に空中で無限にジャンプができるバグはジャンプの条件文に「ねこのY方向の速度が0かどうか」を追加することで潰せると教科書に書いてあった。Rigidbody 2Dクラスのvelocityでねこの速度が取得できる。こんなの自力ではまずわからない。焦るいっぽうだ。

 

自己学習

 

 やらなかった。授業開始より早く訓練校には来ていたけど、明日はハローワークの来所日で求職活動の報告をしないといけないので、ネットで求人検索と応募企業の選定をするのを優先していた。

 執拗に検索したので良さそうだと思う求人もいくつかあったものの、その相手が高齢で未経験の俺を採るかどうかは別問題である。こればっかりは受けてみないとわからない。限られた条件下で最大限アピールできるようにしていくしかないけど、自信はあまりない。

 

その他のこと

 

 普通に訓練だったので行ってないけど、今日は代官山でBitSummit Roadshow Tokyoがあった。明日からは幕張でTGSがあって、今年は任天堂が出るし例年どおりインディーブースが盛り上がりを見せると思う。

 友達から誘いもあったしTGSには本当は行ったほうがいいんだけど、現状それどころではないので今週末もどこにも出かけられない。首都圏に居を構えているのに地の利を活かせていない形になるので何をやってんのかなと思うけど、自業自得である。

 

 帰宅したら管理会社の主催する外人勢向け小江戸・川越日帰りツアーの英語ポスターがいたるところに貼ってあるし、昼はダイニングでスパゲッティを食べていたら外人勢の男女が昼間からいい雰囲気になっているし、うちのシェアハウスもいよいよワイワイ系になってきている。

 2ヶ月でこんなに雰囲気が変わるものかとも思ったけど、時間の経過でなんの変化も起こらない在宅時代と比べれば刺激があって良い。長期在宅系の無職は黄昏時の微妙な時間帯になるとカーテンから差し込む夕陽を見て泣いたりするんだけど、もうあんな苦しみは味わいたくないな。

 

 あとシェアハウスのWi-Fiがめちゃくちゃ細くて接続がブチブチ切れて困っている。早いうちにLANケーブルを買ってきて有線にしようと思う。今日の日記はここまで。ジャグにお茶を補充して寝る。

 

 つづく

 

日記6

 

 「東京は海の匂いがする」と俺はよく言っていて、船橋習志野エリアも夜になると磯の匂いがした。埼玉は内陸だからか歩いていてもその感じがない。思い出すのはまだハタチくらいだったころ、当時湘南のあたりに住んでいたmaezonoの下宿に遊びに行ったときのことで、バスを降りてすぐ頬を撫でる潮風を感じたのを覚えている。

 18までの俺たちは山奥のロードサイドで毎日退屈しきっていて、好きなことの話がわかるやつも周りにはおらず、振り上げた感情をはてなダイアリーlivedoorブログに叩きつけるようなことばかりしていたんだけど、だからか俺にとって海はいつもあの言いようもない閉塞感と対極にあって、夢、希望、新しいことにワクワクする気持ち、そういったイメージと共にある。

 で、このイメージって00年代初頭のインターネットに似てるんだよな。夢、希望、新しいことにワクワクする気持ち。俺はいまもインターネットに海を見ている。別段面白くないのでノッキン・オン・ヘブンズ・ドアという映画を俺はあまり評価しないけど、「天国じゃ、みんな海の話をするんだぜ」という台詞だけはよかったね。みんな向こうに行ってもインターネットの話をしような。

 

今日の訓練で習ったこと

 

 Prefabと当たり判定

  • Prefabとは何か?
  • Prefabと工場オブジェクトの作り方
  • 当たり判定の方法

 Physicsとアニメーション

  • Physicsの使い方

 

 謎ポエムから始まるしこの日記大丈夫かなと思ったけど訓練は普通に受講している。今日は猫のオブジェクトを操作して上からランダムに降ってくる矢印を避けるスマホゲームを作った。相変わらず教科書首っ引きで先生の言うとおりにパソコンを操作しているだけだから「理解している」とは言い難いけど……。慣れてきてはいる。

 今日教わったことの中ではPhysics(Unityに標準で付属している物理エンジン)が特に大事だと思った。シューティングを作るのに向いてる(複雑な当たり判定が必要なため)からね。

 

 きろくのために文章だけじゃなくなるべく作ったゲームややってる作業のスクリーンショットを載せたいんだけど、訓練校のPCと自宅PCのデータを同期させてないしやり方がいまいちわからない。Unity自体になんかそういう機能があった気がするのでやり方を調べておこう。

 

自己学習

 

 この本

 

確かな力が身につくC#「超」入門 (Informatics&IDEA)

確かな力が身につくC#「超」入門 (Informatics&IDEA)

 

 

 をChapter 3の文法の途中まで。まるで進んでいない。大事なことばかりで目が回る。

 

 あと喜び勇んで朝から行った自習用のレンタルデスクの話は、その後校長先生と他のスタッフさんで話し合った結果、「一部の訓練生だけ優遇するようなのは不公平じゃないか?」という話になった(そりゃそうだ)らしく、残念だけどなかったことになった。

 その代わり12時半から別の空き教室を自習スペースとして使ってもいいことになったので、明日からはそれでいく。昼めしを食べてから出かける感じになるかな。自宅ではなかなか捗らないから正午までの時間が微妙になるけど、昼めしを家で食べられるのは節約になるからよしとする。

 

その他のこと

 

 訓練校で一番よく話す人に内定が出た。まだクラス全体として本格的な就活は始まってないけど、力だめしで1社受けたら一発で三次面接まで行って受かってしまった。もちろん本人のがんばりが100%だけど、ニート/フリーター的な長期に渡る在宅系のバックグラウンドを持ってようが30代後半で未経験だろうが正社員就職はできることがわかった。

 何よりめでたい。訓練校ではもう会えなくなってしまうのかと思うと寂しいけど、うんことかチンポとかの幼稚な下ネタを言いながら一緒にたばこを吸ったりして楽しかったな。願わくば彼の前途に幸多からんことを。人生は続く。

 

 今日の日記はここまで。ちょっといらんことを含めて2時間もかけてしまったので明日からはもっと書き方を工夫する。就寝。

 

つづく

 

日記5

 

ふつうマン

 朝早くからバリバリというわけにはいかなかった(深刻な状況なので本来であればそうしないといけない)が今日はけっこうすんなり復習に取り組むことができた。……けど集中していたのは2~3時間くらいかな。小学生か?

 

 生活のことを書いていくと、俺はシェアハウスに住んでいるので風呂、トイレ、洗面所、キッチンなど共用部分の掃除をしなくてよく、これがすげー楽。本当に楽。ごみもダイニング/キッチンに置いてある大きめのごみ箱に入れておくと業者の人が捨ててくれる。だから出し忘れるとかがない。

 これもシェアによるスケールメリットと言えなくもないんだけど、独居で掃除をサボってだんだん水回りが不潔になってきたり、ごみを出しそびれたりしたときの陰々滅々とした気分(「俺はなんでこんな当たり前のことができないんだ……」というあれ)を回避できるのが今は何よりありがたい。

 

シェアハウス、良いことも悪いこともいろいろあるけれど、ワンルームで一人暮らしをする牢獄感よりはマシだ、というのが僕の認識です。

ギークハウスを作って7年経った - phaの日記

 

 別にギークハウスじゃないけど本当にこれ。これで俺が20代前半だったらもっとよかったけど、それは言っても仕方ない。とにかくいまの住居に入居したのはとても良い選択だった。

 

 住んでる人と交流ができたらもっといいけどね。ホームページを見るとうちのシェアハウスはいま満室に近い状態(俺が来たときはガラガラだったのに)になってて、外国籍の人が多い。こないだハウスマネージャーとも少し話したけど、みんなワーホリで来てるみたいなんだな。

 対して日本人は俺も含めて有り体に言うとお金がない(あんまり稼げない)から住んでる人が多くて、もちろん英語が話せないから、外人勢とは挨拶程度の会話しかできない。最近は外人勢は外人同士リビングでワイワイしてて、日本人(特に男性)は自室にこもっている、ということが多い。

 

 日本人は40代、50代の先輩らや何か事情がありそうな人(俺もそうと言えばそうかもしれない)も多いしワイワイみたいなの求めてないと思うから仕方ないけど、せっかく同じところで暮らしているんだし、俺はもっといろいろ話したりしたいんだよな。あんまり共通の話題とかないかもしれないけど。

 結局のところ俺は大学サークルの部室だったり学生寮だったりといった「合宿の季節」を通過できないまま大人になってしまっていて、一時期はソーシャル化したインターネットがそこを埋めてくれるんじゃないかとも思っていたけど、結論としてはどうやら無理っぽいのをここ数年で実感してる。

 ネットはリアルには勝てない。瞳の光も唇の震えも伝わらないし、死にそうなやつも助けられない。だからリアルをやっていくしかないんだよな、悲しいけど。俺はインターネットだけでは生きられなかったよ。だから首都圏に戻ってきた。もう一度やり直す。わかりやすい。

 

 なんかノってきて謎ポエムを書いてしまったけど、金曜日に書いたとおり連休明けからは授業開始まで訓練校のデスクでやっていくことにしたので明日は早い。うとうとするとか突っ伏して寝るとかのクソムーブをしたくないのでもう寝る。

 これから毎日23時から就寝までをブログ更新の時間として定める。どうせ帰ってきて晩めしを食べたらもうそんなに気合入れて学習とかできないしね。とにかくきろくを途切れさせないのが大事だ。がんばるぞ~。

 

つづく

 

日記4

 

続・クソ野郎

 禁を破ってツイッターをDIGったりしていたらどんどんメンタルが終わって完全に眠れなくなったので昨夜寝なかったのだが、「な、何か気分の明るくなるようなものを……」と思って昨日の深夜は Sister Act (邦題:「天使にラブ・ソングを…」)を観ていた。

 

f:id:RY0P:20180916220427p:plain

心にぐっとくるようなこと歌ってくれるシスター・メアリー・ロバートちゃん

 

f:id:RY0P:20180916220409p:plain

おまえのようなかわいい33歳がいるか

 

 地上波で死ぬほど繰り返し放送されているクラシックだし、学校の音楽の授業で観せられたりするレベルなので平均的な地球人なら誰でも観ている思うけど、おれはこの映画のシスター・メアリー・ロバートというキャラクターが好きである。

 ストーリーもまあラブライブみたいなもんだし、実に頭が閉店しているときに向いていると思った。こういう金のかかった萌えアニメみたいな映画っていいよな。

 

 今日は15時過ぎに遠方から来客があり、駅前に出かけていって海鮮系の居酒屋でまだ明るいうちからガンガン飲みつつ(バカなのか?)近況報告などをしていた。これについては特に書くことがない。差し入れに食料品(果物、缶詰めなど)をいただいて、客人は18時ころには帰った。

 

 で、酔いが醒めてブログを更新してるわけなんだけど、今日もほぼ何もしてない(管理会社が委託した清掃業者を入れるタイプのシェアハウスに住んでいるので居室以外は掃除とかも特にする必要がない)ので学習については何も書くことがない。ウソを書いても仕方ないしな。俺は今日もやらなかったよ。

 ……で終わらせると本当に終わってるので寝る直前まで復習しようそうしよう。そうと決まればブログなんて書いてる場合じゃないな。今からやる。

 

つづく

 

日記3

 

ザ・クソ野郎

 10時には起きていたがまっっったく復習をする気にならず、昼過ぎになっても教科書を開くことすらできなかったので、「報酬を用意すればそれを楽しみにがんばれるのでは」と思い立ち、スーパーで夕食用のとんかつを買ってきたものの、その後も一ミリもやる気にならなかった。

 

f:id:RY0P:20180915234837j:plain

とてもおいしいソースかつ丼です

 夕方ころ、このままでは「やらなければ、やらなければ」と思いながらくたばっている無益な時間が長引くだけだと思ったので、日没後は諦めてANUBIS MARSの実績を解除していた。


 俺はヘキサドライブがパッチを当てた例のHD版を結局プレイしなかったのでANUBISは本当に10年以上ぶりなんだけど、相変わらず荒野乱戦でSSが取れない。VRについては Vive や Oculus を持ってないのでわからんけど、おま値なのを除けば概ね良い移植と思う。

 Steam版ならビデオカードの性能によってはPS4よりキレイになるしね。PS4はProでも確かGTX760相当だったっけ? 俺が知らないだけでなんかマストなOnly onタイトルがあるのかもしれないけど、今どきあんな中途半端なスペックのゲーム専用マシンに4万6000円は正直きついよな。

 

 マジで舐めてるのかという感じだけど返却期限があるのでこれからさらに映画を1本観て寝る。明日の俺に期待。

 

つづく

 

日記2

 

今日の訓練で習ったこと

 UIと監督オブジェクト

 

 車のオブジェクトをスワイプで弾いて旗のオブジェクトのギリギリで止める、所謂「寸止めゲーム」というのをUnityで作ってiOS向けにビルドするということをしていた。先生の話を聞きながらコードを写経していただけだけど、頭に入ったかな?

 

 今日の午前中はそれに向けて復習していたんだけど、放課後行われた理解度テスト第2回の追試は合格だった。ただし満点でもなければ90点台でもない微妙な点数。もっとやり込みをしなければ。

 追試の際、担任の先生から「RY0さんは授業中に全然関係ないインターネットページを見てボーっとしていることがあるし、それも一度や二度じゃない。追試になるということはやっていると言っている自己学習も口だけであまり捗っていないのでは(大意。実際はこの100倍マイルドな口調)」というおしかりを受ける。事実そのとおりなのでただただ恥ずかしかった。

 

 

 なんというか、もう完全にこのシーンの気分だった。誠意は行動で示すほかない。

 

 学習がうまくいっていないことについて校長先生に相談したところ、なんと訓練校のコワーキングスペースのレンタルデスクの中で借り手のない卓を一つ、自習用に特別に貸し出していただけることになった。

 昨年末に見学に来たとき(この直後に俺は謎の施設に強制収容されて半年ほど隔離生活を送ることになるのだがそれはまた別の話)から思っていたがこの訓練校は神である。地方のしょうもない高校を出て大学を中退している俺には所謂「母校」がないが、もしやここがそうなのではという感すらある。校長先生には頭が上がらない。

 とにかく連休明けからは授業が始まる午後よりずっと早く、朝から晩まで訓練校のデスクとノートPCで死ぬほどコーディングとUnityの操作ができることになった。9時に来て21時に帰る感じになると思うけど、仕事として、真摯にこの生活を全うしたいと思う。

 

 昨日寝てないので今日はもう寝る。

 

確かな力が身につくC#「超」入門 (Informatics&IDEA)

確かな力が身につくC#「超」入門 (Informatics&IDEA)

 

 

 明日はこの本のおさらいから。

 

つづく