読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かつてあったネットのうそリスト

 

・違法ダウンロードだめ絶対! 割れ厨は産業の破壊者なので見つけ次第射殺!!

→割ってたけど一定の社会的地位を得て成功しているやつが何人もいる。

→言ってるやつがそもそも何もしていないオッさんだった。

→これに限らずネットは実は何もしていない無能な中年の私怨が多い。

 

Fランク大学や専門学校は金の無駄だし進学すると人生おしまい

→成功している人も大勢いる。重要なのはそこで力を付けたかどうか。

→たとえ新卒で希望通りの就職ができなくても第二新卒で転職できる。

→そのとき市場が悪くてもその人が20代のうちに求人倍率は回復する。

就職氷河期の怨嗟も他責にしているだけで実はほとんどが個人の問題。

 

リア充(比較的新しい用語だけど2007年以前から概念は存在していた)

→基本的には行動しないorしなかった人間の妬み嫉みでしかない。

Facebookにハイライトを投稿をしている人の人生にもシェーディングがある。

→要するに経済、家族、心身問わず健康問題などについては触れていないだけ。

 

・女はクソ

→成人後に本気で言っている場合は疾患や障害の可能性が高い。

→言ってるやつに人類の半分を敵に回して勝てるだけの強度がそもそもない。

 

・ライトな右翼と排外主義

→政治についても外交についても学術的な信頼性のある裏付けがない。

→実際に自分で中国や韓国に出かけていってその国の社会に触れていない。

→結局のところ属性でいうと論者に低学歴と生活無能力者が多い。 

 

・こうでなければならぬorこうあるべき論

→ほとんどが個人の趣味や感想。万人に当てはまるものではない。

 

 まとめ

 ネットは便所の落書きなんかじゃない、新しいコミュニケーションの形なんだ! とか、人種、居住地、年齢、性別、職業などの属性を取り払った自由な言論空間なんだ! といった考えが幻想だったことはもう自明。それは否定できない。

 要は匿名で無責任に悪意を振りまいておいてその後は知らぬ存ぜぬといった言いたい放題・やりたい放題が可能だし、そこに信頼性があるのかどうかの絶対的な基準は結局その個人の属性に求めることになる。

 なので年がら年中SNSに張り付いてネガティブでいい加減なことばかり言っている人の意見を真に受けたり、「なんだか詳しい人が言っているのだしそうなのかな?」とうっかり信じたりしないようにするのが大切。