日記2

 

今日の訓練で習ったこと

 UIと監督オブジェクト

 

 車のオブジェクトをスワイプで弾いて旗のオブジェクトのギリギリで止める、所謂「寸止めゲーム」というのをUnityで作ってiOS向けにビルドするということをしていた。先生の話を聞きながらコードを写経していただけだけど、頭に入ったかな?

 

 今日の午前中はそれに向けて復習していたんだけど、放課後行われた理解度テスト第2回の追試は合格だった。ただし満点でもなければ90点台でもない微妙な点数。もっとやり込みをしなければ。

 追試の際、担任の先生から「RY0さんは授業中に全然関係ないインターネットページを見てボーっとしていることがあるし、それも一度や二度じゃない。追試になるということはやっていると言っている自己学習も口だけであまり捗っていないのでは(大意。実際はこの100倍マイルドな口調)」というおしかりを受ける。事実そのとおりなのでただただ恥ずかしかった。

 

 

 なんというか、もう完全にこのシーンの気分だった。誠意は行動で示すほかない。

 

 学習がうまくいっていないことについて校長先生に相談したところ、なんと訓練校のコワーキングスペースのレンタルデスクの中で借り手のない卓を一つ、自習用に特別に貸し出していただけることになった。

 昨年末に見学に来たとき(この直後に俺は謎の施設に強制収容されて半年ほど隔離生活を送ることになるのだがそれはまた別の話)から思っていたがこの訓練校は神である。地方のしょうもない高校を出て大学を中退している俺には所謂「母校」がないが、もしやここがそうなのではという感すらある。校長先生には頭が上がらない。

 とにかく連休明けからは授業が始まる午後よりずっと早く、朝から晩まで訓練校のデスクとノートPCで死ぬほどコーディングとUnityの操作ができることになった。9時に来て21時に帰る感じになると思うけど、仕事として、真摯にこの生活を全うしたいと思う。

 

 昨日寝てないので今日はもう寝る。

 

確かな力が身につくC#「超」入門 (Informatics&IDEA)

確かな力が身につくC#「超」入門 (Informatics&IDEA)

 

 

 明日はこの本のおさらいから。

 

つづく