日記6

 

 「東京は海の匂いがする」と俺はよく言っていて、船橋習志野エリアも夜になると磯の匂いがした。埼玉は内陸だからか歩いていてもその感じがない。思い出すのはまだハタチくらいだったころ、当時湘南のあたりに住んでいたmaezonoの下宿に遊びに行ったときのことで、バスを降りてすぐ頬を撫でる潮風を感じたのを覚えている。

 18までの俺たちは山奥のロードサイドで毎日退屈しきっていて、好きなことの話がわかるやつも周りにはおらず、振り上げた感情をはてなダイアリーlivedoorブログに叩きつけるようなことばかりしていたんだけど、だからか俺にとって海はいつもあの言いようもない閉塞感と対極にあって、夢、希望、新しいことにワクワクする気持ち、そういったイメージと共にある。

 で、このイメージって00年代初頭のインターネットに似てるんだよな。夢、希望、新しいことにワクワクする気持ち。俺はいまもインターネットに海を見ている。別段面白くないのでノッキン・オン・ヘブンズ・ドアという映画を俺はあまり評価しないけど、「天国じゃ、みんな海の話をするんだぜ」という台詞だけはよかったね。みんな向こうに行ってもインターネットの話をしような。

 

今日の訓練で習ったこと

 

 Prefabと当たり判定

  • Prefabとは何か?
  • Prefabと工場オブジェクトの作り方
  • 当たり判定の方法

 Physicsとアニメーション

  • Physicsの使い方

 

 謎ポエムから始まるしこの日記大丈夫かなと思ったけど訓練は普通に受講している。今日は猫のオブジェクトを操作して上からランダムに降ってくる矢印を避けるスマホゲームを作った。相変わらず教科書首っ引きで先生の言うとおりにパソコンを操作しているだけだから「理解している」とは言い難いけど……。慣れてきてはいる。

 今日教わったことの中ではPhysics(Unityに標準で付属している物理エンジン)が特に大事だと思った。シューティングを作るのに向いてる(複雑な当たり判定が必要なため)からね。

 

 きろくのために文章だけじゃなくなるべく作ったゲームややってる作業のスクリーンショットを載せたいんだけど、訓練校のPCと自宅PCのデータを同期させてないしやり方がいまいちわからない。Unity自体になんかそういう機能があった気がするのでやり方を調べておこう。

 

自己学習

 

 この本

 

確かな力が身につくC#「超」入門 (Informatics&IDEA)

確かな力が身につくC#「超」入門 (Informatics&IDEA)

 

 

 をChapter 3の文法の途中まで。まるで進んでいない。大事なことばかりで目が回る。

 

 あと喜び勇んで朝から行った自習用のレンタルデスクの話は、その後校長先生と他のスタッフさんで話し合った結果、「一部の訓練生だけ優遇するようなのは不公平じゃないか?」という話になった(そりゃそうだ)らしく、残念だけどなかったことになった。

 その代わり12時半から別の空き教室を自習スペースとして使ってもいいことになったので、明日からはそれでいく。昼めしを食べてから出かける感じになるかな。自宅ではなかなか捗らないから正午までの時間が微妙になるけど、昼めしを家で食べられるのは節約になるからよしとする。

 

その他のこと

 

 訓練校で一番よく話す人に内定が出た。まだクラス全体として本格的な就活は始まってないけど、力だめしで1社受けたら一発で三次面接まで行って受かってしまった。もちろん本人のがんばりが100%だけど、ニート/フリーター的な長期に渡る在宅系のバックグラウンドを持ってようが30代後半で未経験だろうが正社員就職はできることがわかった。

 何よりめでたい。訓練校ではもう会えなくなってしまうのかと思うと寂しいけど、うんことかチンポとかの幼稚な下ネタを言いながら一緒にたばこを吸ったりして楽しかったな。願わくば彼の前途に幸多からんことを。人生は続く。

 

 今日の日記はここまで。ちょっといらんことを含めて2時間もかけてしまったので明日からはもっと書き方を工夫する。就寝。

 

つづく